読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せ=成長?

幸せを広げたい、僕は真剣にそう思っています。

 

そんなことを考えていると、最近はこう思うようになりました。

 

幸せ=成長?

 

人は成長すると、それが実感となり、幸せを感じるのかなと。

 

なので、幸せを広げることは人を成長させることなのかなと思います。

 

じゃあどうやったら人を成長させてあげられるのか?

 

今週はそんなことを考えてみようと思います。

学ぶ姿勢

学ぶことは楽しい。学ぶことをやめたくない。なぜなら成長し続けることができるから。

 

いつからこんな風に考えるようになったのか。

 

20歳までは勉強が嫌いだった。いや、今でも嫌いだ。

でも学ぶこと好きだった。

 

 

勉強と学び

 

 

何が違うのか?

 

それは本人の学習に対する姿勢だと強く思う。

 

僕が勉強を嫌いな理由は、勉強とはさせられるものだから。つまり、やらされてるのと同じ。それは自分の意志に反している。

 

小学生の頃からずっと親から「勉強しなさい!」と何千回も言われてきた。

 

元々成績は良いほうだったんだけど、勉強しなさいと言われてからは余計に勉強が嫌いになり、成績はどんどん下がっていった。

 

しかし、20歳の時に知らない世界に行きたいと思うきっかけがあり、1ヶ月という短期ではあるがホームステイでカリフォルニア大学に行けることなった。

 

この留学は大正解だった。

この時の経験は僕の人生のハイライトの一部である。

 

上述したとおり、勉強が嫌いだったため、それまで英語は苦手であり、センター試験では200点中100点と半分しか取れなかったほどだ。笑

 

けれども、知らない世界を知りたいという思いが強かったので留学した。

 

結果はというと、短期だったので英語力はそれほど上がりはしなかったのだけれども、たくさんの発見があった。

 

・アメリカでは洗濯物を外に干す習慣がない。

・知らない人でも気軽に声をかけてくれる。

・英語で質問するときは肯定文でも語尾さえ上がれば、相手は質問に答えてくれる。

 

僕が育ってきた日本の環境では、どれも絶対に経験できないことだった。

上にあげた3つはぶっちゃけどれも大したことではない。けれども、

 

・文化の違いを実感できた。

・挨拶の大切さを再認識できた。

・日本の英語教育が間違っていることを知るきっかけになった。

 

知らないことを知ることができた。忘れていたことを思い出すことができた。

 

さらに、ここから様々なことに目がいくようになった。

 

・洗濯物を外に干さないのは、自分の家の価値が下がるから。アメリカ人は家を資産として捉えている。

・人はコミュニケーションがないとつまらないし、面白くない。いくらwebが普及しても人とはやはり人である。

・日常会話であれば、中学英語で充分。

 

とまあ、こうやっていろんなことに気づけるようになった。

 

これらは自分の能動的な行動によって起こったこと。学びである。

 

自分から進んで、そこから得られたから成長できるし、何より面白い!

 

これがやらされて留学していたら、成長はゼロではないけれどもその成長率は絶対に下がる。

 

なぜならそこには自分の意志がないから。

 

なのでこれは実体験から言える。

 

学ぶ姿勢によって、吸収できるものは100にも1にもなる。

新しいことに触れる大切さ

今日はウォンテッドリーが運営しているリアルウォンテッドリーというイベントに参加してきました。

 

ウォンテッドリーについての説明はここでは省きますので、興味のある人は調べて見てください。

 

会場内には主にIT系のベンチャー企業をはじめ、テレビ局や学生のスタートアップも参加していました。

 

では本題に入ります。

 

私は建築系の会社に勤めています。

建築系であっても建設現場ではドローン等が活用されているようになってきています。

 

ですが、私の仕事は現状ITとは全く関係ないです。

けれども数年先には関わりができているはずです。

 

なので足を運んだわけですが、それ以上の発見がありました。

 

個人のITスキルを高めることのできる環境があることもわかりましたし、異なる業界の事情、考え方、アプローチの方法も知ることができました。

 

改めて考えると普通のことなのですが、本職の環境に身を置いていると気づく機会がないので、イベントに参加して正解でした。

 

今も重要ですが、数年先のために関係のないことであってもアンテナを張っておくことは改めて重要だと思いました。

 

でも今日はこれで終わりにはしません。

 

これで終わりだといつもの自分と同じ自分のままだから。

 

今よりも少し無理のあることを120%の力でやってみる。それが1番成長が速いから。

 

昨日ある人のブログで学んだことです。

 

集中できないときは頭の中で楽しいことを思い描いている

仕事中、作業に集中できないときがある。

 

それは頭が違うことを考えているからだ。つまり、違うことに意識がいっちゃってるんだと思う。

 

違うことって何だ?

 

今日は昨日FBにアップしたことに"いいね!"がもっと増えないかな〜って思ってた。笑

 

じゃあなぜそんなことを思ってたのか?

 

それはおそらく、そのことを考えるのが楽しいからなんだと思う。

 

たぶんこれは何かに夢中になっている時と同じことが脳の中で行われているんだろう。具体的に何かはわからないけれども。笑

 

ここでふと思った。

 

これを仕事にできたら、最高に楽しいだろうし、モチベーションも上がるはず。

 

「そんなことは当たり前だ!」って誰かにつっこまれた気がする。笑

 

けど、その通りなんだからしょうがないだろ∑(゚Д゚)

 

 

なので今日から、作業に集中できていないときに頭が考えていることをアウトプット(メモ)して貯めていくことにする。

 

1ヶ月貯めて、それを見返したときに自分がふと夢中になってしまうことが何であるのか、それがわかるはずだ。

 

そしたら、それを仕事にできないか検討することにする。

 

どんな結果があるかはわからないけど、今から少しワクワクする!

体重を測ったら4kg痩せてた。

 

以前書いた朝食記事の続きです。

 

私は小中高と10年間ずっとバスケ🏀を続けていたから新陳代謝は比較的良く(たぶん)、太ってもちょっと食べ物を意識するだけですぐに体重を戻すことができていた。

それは社会人になってからでも続いていた。笑

けど、実は昨年から意識しても体重が落ちていないことに気づいて、体重が落ちづらくなっている気がしていた。あと、なかなか落ちないお腹周りの皮の下の脂肪もちょっと気にしていた。

そろそろ週一くらいで身体動かさないとやばいなって思って、ジムに通ってみたけど…やってみるとこれが長続きしない…

おそらくこのブログを読んでくれている人の中にも同じ経験をしている人はいると思う。

そしたら、昨年末に1冊の本(少し前のブログで紹介した"シリコンバレー式 自分を変える最強の食事")に出会った。

そこで27年続けてきた食パン、バナナ、ヨーグルト、牛乳のけっこうガッツリ食べていた朝食を本の中で紹介されていたバターコーヒー1杯に変えてみたら…

 

2ヶ月で4kg落ちた。笑

 

少し長くなりそうなので、近いうちに続きを書きます。

動くためにどうすればいいか

今週の自分は本当にダメだった。。。

人に見せられたもんじゃない。

仕事から帰ってきて、コンビニ飯食って、そのまま横になって毛布かぶって寝てた。

 

何やってんだろ俺って毎日思ってた。

けど、動けない。

 

動けないのは、

刺激がないからなのか?

自分のやりたいことがわからないからなのか??

それとも、考えすぎてるだけなのか???

 

やっぱり行動が足りないんだと思う。

 

じゃあ、どうしよう。。。

 

何をやりたいのかわからないのに動いても仕方ないがない気がする。個人的に。

 

なので、考え方を変えてみようと思う。

 

やりたいことを見つけるために、そこに行き着く最短の道を進む。今日から。

 

今日の気づき

自分はまだまだ勉強が足りない気がした。

 

様々な記事や本を読み、自分には長期的な視点がついたと思っている。

 

けど、自分で何かをやったと言えるものがないことに気がついた。

 

自分自身で解決できる範囲ではいろいろやって来たが、一方で他人を巻き込んで何かをやったと言えるものがない。

 

これが今の自分の課題だ。