読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集中できないときは頭の中で楽しいことを思い描いている

仕事中、作業に集中できないときがある。

 

それは頭が違うことを考えているからだ。つまり、違うことに意識がいっちゃってるんだと思う。

 

違うことって何だ?

 

今日は昨日FBにアップしたことに"いいね!"がもっと増えないかな〜って思ってた。笑

 

じゃあなぜそんなことを思ってたのか?

 

それはおそらく、そのことを考えるのが楽しいからなんだと思う。

 

たぶんこれは何かに夢中になっている時と同じことが脳の中で行われているんだろう。具体的に何かはわからないけれども。笑

 

ここでふと思った。

 

これを仕事にできたら、最高に楽しいだろうし、モチベーションも上がるはず。

 

「そんなことは当たり前だ!」って誰かにつっこまれた気がする。笑

 

けど、その通りなんだからしょうがないだろ∑(゚Д゚)

 

 

なので今日から、作業に集中できていないときに頭が考えていることをアウトプット(メモ)して貯めていくことにする。

 

1ヶ月貯めて、それを見返したときに自分がふと夢中になってしまうことが何であるのか、それがわかるはずだ。

 

そしたら、それを仕事にできないか検討することにする。

 

どんな結果があるかはわからないけど、今から少しワクワクする!